入門

安全性は大丈夫?ソーシャルレンディングのリスクについて

更新日:

ソーシャルレンディングは本質的にはお金の貸し借り。当然リスクもある

ソーシャルレンディングを利用することで小口の融資を集めて大きな事業資金を得ることが可能になりました。

融資時の面倒な手続きや審査はすべて仲介業者が行ってくれるので、投資家はワンクリックで資金を融資することができます。

1万円程度の少額から融資できるプロジェクトもあるので、資金の少ない方でもソーシャルレンディングをお金を貸し付けることができます。
融資を受ける側にとっては新たな資金調達手段が確保でき、融資する側にとっては貸付先の選択肢が増えるという魅力があるソーシャルレンディングですが、ネットを利用した仲介システムは新しいものであってもお金の貸し借りという本質には変わりありません。

お金の貸し借りに伴うリスクや安全性に関しては十分な注意が必要です。

ソーシャルレンディングの最大のリスクは貸し倒れ

ソーシャルレンディングではプロジェクトの内容をアピールして有志を募りますが、プロジェクトが計画通りうまくいくという保証はありません。

途中でプロジェクトが頓挫して貸しつけたお金が回収不能(貸し倒れ)になるというリスクは常につきまといます。魅力的な計画であっても実現しなければ資金の回収は見込めません。

融資先の選択は慎重に行うことが大切です。
ソーシャルレンディングで融資した資金に関しては会計上仲介業者の財務に組み込まれてしまいます。

融資者ごとに個別に資金を管理されることはなく、預貯金における預金保険機構のような保護期間も存在しないのでプロジェクトが失敗してしまったら誰も融資金を補償してくれません。

債権者として融資金の変換を求める権利は認められるものの、実際に回収できる可能性は限りなく低くなります。

利回りが低い=リスクも低い

ソーシャルレンディングの安全性を測る一つの指標が利回りです。

成功の見込みが高いプロジェクトは融資希望者を集めやすいので低い利回りで募集がかけられますが、実現可能性が低く失敗する可能性の高いプロジェクトは融資を集めるために利回りを高く設定せえざるを得ません。

利益第一で利回りの高いプロジェクトを選ぶのはリスクが伴います。安全性を重視するなら利回りにしっかりとした説得力を持つプロジェクトに融資しましょう。

リスク対策は業者によって違う

仲介業者によってリスクへの対応は異なります。

破綻した場合に備えてセーフティーネットを用意している業者もあれば、融資金を分散融資することでリスクヘッジを行う業者もあります。

どの仲介業者を選ぶかによって融資に伴うリスクも変わります。安全性の高いソーシャルレンディング業者を選ぶことが融資リスクの低下につながります。

人気のソーシャルレンディング業者ランキング

1位 OwnersBook

OwnersBook

オーナーズブックでは利回り5%~の案件が中心になっています。

不動産特化のクラウドファンディングで、元本毀損実績は0件!

2位 ラッキーバンク

ラッキーバンク

全案件不動産担保を確保!ラッキーバンクは少額1万円から始められるソーシャルレンディング業者。

利回り年6%〜10%で毎月分配されます。取引手数料も0円で始めやすい業者!

3位 maneo

maneoはソーシャルレンディング最大手!成立ローン総額600億円を突破!

GMOクリック証券とも提携しています。5万円程度から投資できるファンドが多数あるのも魅力。

-入門

Copyright© ソーシャルレンディング比較.net , 2017 AllRights Reserved.