業者詳細

オーナーズブックの詳細 メリット、利回りは?

更新日:

オーナーズブックは日本で初めての不動産特化型ソーシャルレンディング

ob-top

参考利回り  4.8~14.5%
最低投資金額  1万円~
募集金額  数百万~数千万円程度
運用手数料  0円
運用期間 1~18カ月程度

投資の初心者から資産額の大きい投資家まで全ての方にメリットがある不動産クラウドファンディング

オーナーズブック(OwnersBook)は日本で初めて不動産に特化したソーシャルレンディングサービスを開始した業者です。これまで不動産投資の敷居は非常に高く、数百万~数千万円が頭金として必要でした。

ですので、預貯金のある富裕層が対象となっており、それ以外の方はなかなか手を出せない状況でした。

しかし、オーナーズブックがこちらのサービスを開始したことで、1万円からでも不動産投資に参加することが出来るようになりました。

オーナーズブックが複数の少額融資を募り、不動産業者に貸し付けを行い、出資者は出資額に応じた配当を受け取るという仕組みです。

出資者は、複数の投資案件に分散投資ができるため、選択肢が広がります。

オーナーズブックのメリット

一番の魅力は、投資家同士がSNSを通じてコミュニケーションを取れる点です。情報交換ができるため、自分だけでは見つけられなかった新たな投資への道しるべを見つけることもできます!この点はほかのソーシャルレンディング業者では無いサービスになります。

ob-1

1万円から出資が可能

また、出資額が最低1万円からと敷居が非常に低いのも大きな魅力となっています!

他のソーシャルレンディング業者でも最低1万円を謳っているところはあるのですが、実際に1万円から通しできる案件がオーナーズブックの場合は多いようです。

利回りは5%程度のものの比率が多いのですが、稀に10%を超えるファンドも募集をしています。

また、運用期間が半年以内の短いものが多いのも特徴ですね!

登録や年会費用などは無料ですので、まずは口座開設して案件を探してみてはいかがでしょうか。

 

人気のソーシャルレンディング業者ランキング

1位 OwnersBook

OwnersBook

オーナーズブックでは利回り5%~の案件が中心になっています。

不動産特化のクラウドファンディングで、元本毀損実績は0件!

2位 ラッキーバンク

ラッキーバンク

全案件不動産担保を確保!ラッキーバンクは少額1万円から始められるソーシャルレンディング業者。

利回り年6%〜10%で毎月分配されます。取引手数料も0円で始めやすい業者!

3位 maneo

maneoはソーシャルレンディング最大手!成立ローン総額600億円を突破!

GMOクリック証券とも提携しています。5万円程度から投資できるファンドが多数あるのも魅力。

-業者詳細

Copyright© ソーシャルレンディング比較.net , 2017 AllRights Reserved.