業者詳細

maneoのメリット、リスクは?評判もチェック

更新日:

maneo

 

maneo_top

参考利回り  5~8%
最低投資金額  1万円~
募集金額  数百万円~数千万円
運用手数料  0円
運用期間 3~12カ月程度

maneoは初心者にもおすすめのソーシャルレンディング業者

国内で圧倒的シェアを誇るソーシャルレンディング業者です。成立ローン総額は2016年12月時点で570億円を超えています。

maneoは日本で初めてソーシャルレンディングのサービスを開始した業者ですので、やはり実績も多く、安心感がありますね!初めてソーシャルレンディング投資を行う方にはお勧めだと言えます。

ソーシャルレンディング業界シェアは50%を超えており、運営開始から8年が経過し数々のメディアにも取り上げられている業者です。

maneoのメリット

メリットとして、分散投資ができることがあげられます。一つのローンファンドから複数の借り手に投資を行う形をとっているため、リスクを分散することができます。

そのローンファンドの内容も吟味したうえでどのファンドに投資するかを選ぶことができますので、自分が投資したい会社に投資する、まさに投資家のような気持ちになれるのも魅力ですね!

募集金額はほとんどのファンドが10万円前後からとなっているため、気軽にスタートすることができます。もちろん貸し倒れのリスクはゼロではありませんが、業者も安全性を重視した審査を行ったうえで募集を行っています。

利回り5%~ということを考えると魅力的ですね。

どのようなファンドが募集しているのかは登録しなくても見ることができますので、確認したうえで口座開設することをお勧めします!

maneoローンファンドの種類

  • 不動産担保付きローンファンド

不動産担保を設定しているローンファンドです。不動産担保の評価額もそれぞれで開示されているため、安心して判断することができます。

  • 事業性資金支援ローンファンド

事業者に対し、運転資金などを支援する目的として組成されたローンファンドです。担保の設定はされていません。

  • クラウドリースセレクトファンド

「クラウドリース」で取り扱う案件に投資できるファンドです。中小・ベンチャー企業へのリース・割賦販売事業を行う事業者などが対象です。

maneoの安全性とリスク

maneoでは借り手を企業に絞って個人向け融資を辞めて以降、貸し倒れ(デフォルト)は発生していません。

また、前述のとおり厳格な審査を行い、必要に応じて担保を設定することで安全性を高めリスクを軽減させています。ファンドの内容毎にリスク度合いは異なってきますので、不安な方は不動産担保の設定されているファンドへの投資を行うのがおすすめです。

maneoの評判

マネオの評判としては、募集案件数が多い、GMOと提携しているから安心できる、規模が大きく黒字経営だから安心できるといったものが多いです。

やはりシェアNo.1だからこその魅力が大きいようですね。

 

人気のソーシャルレンディング業者ランキング

1位 OwnersBook

OwnersBook

オーナーズブックでは利回り5%~の案件が中心になっています。

不動産特化のクラウドファンディングで、元本毀損実績は0件!

2位 ラッキーバンク

ラッキーバンク

全案件不動産担保を確保!ラッキーバンクは少額1万円から始められるソーシャルレンディング業者。

利回り年6%〜10%で毎月分配されます。取引手数料も0円で始めやすい業者!

3位 maneo

maneoはソーシャルレンディング最大手!成立ローン総額600億円を突破!

GMOクリック証券とも提携しています。5万円程度から投資できるファンドが多数あるのも魅力。

-業者詳細

Copyright© ソーシャルレンディング比較.net , 2017 AllRights Reserved.