入門

maneoの口座開設の流れを徹底解説!

投稿日:

ソーシャルレンディング業者の中でももっとも古くから事業を行っており、シェアもナンバーワンを誇るmaneo。
これからSLを始める方であれば、maneoも検討されていることかと思います。
初めてであれば、口座開設にはどのような情報が必要なのか不安になりますよね??

そこで今回は、maneoの口座開設の流れをキャプチャ付きで解説しちゃいます!

STEP1 会員登録

口座開設の前に、まずは会員登録を行います。

お好きなID(ニックネーム)と、ログインするときに必要となるパスワード、メールアドレスなど最低限の情報を入力します。

パスワードを忘れたときは秘密の質問が必要となりますので、絶対に忘れない内容にしておいた方が良いでしょう。
maneo1

STEP2 投資家申請

投資家申請をするのにあたり、必要書類の確認が必要になります。

内容は基本的な利用規約ですが、トラブルにならないようにしっかり目を通しておきましょう。

maneo3

 

STEP3 適合性確認

年収や貯金、主な収入源を答えます。

年収などはプルダウンで選べるようになっているため、〇万円以上〇万円以下などざっくりとしたもので大丈夫です。

その他、株式取引の経験なども答える必要があります。

 

maneo4

STEP4 個人情報の入力

名前や性別、生年月日、住所、電話番号などの個人情報の入力を行います。

住所は本人確認書類が後で届くため、間違えないように入力しましょう。

銀行口座の登録もこの時点で行います。

 

maneo5

STEP5 本人確認書類の提出

運転免許証、パスポート、住民基本台帳カード、外国人登録証明書のうちいずれかの提出が必要となります。

現住所と確認資料の住所が違う場合は、公共料金の領収書も必要になります。

また、登録した銀行口座の確認を出来る写真やキャプチャが必要となります。

maneo6

STEP6 コードの記載されたハガキが届く

審査完了後に登録した住所に確認コードが書かれたハガキが届きます。

maneoにログイン後、コードを入力して確認を行います。

 

以上でmaneoの口座開設は完了です。

審査には2日間程度かかるため、実際に投資が開始できるまでには銀行からの入金も考えると5営業日程度は見ておいた方が良いでしょう。

銀行からmaneoの口座に入金した際は、数時間程度でかくにんされ、反映されます。

 

口座開設の手順はこのように簡単です!maneoであれば5万円程度からソーシャルレンディングを始めることができますので、是非取引を始めてみましょう。

人気のソーシャルレンディング業者ランキング

1位 OwnersBook

OwnersBook

オーナーズブックでは利回り5%~の案件が中心になっています。

不動産特化のクラウドファンディングで、元本毀損実績は0件!

2位 ラッキーバンク

ラッキーバンク

全案件不動産担保を確保!ラッキーバンクは少額1万円から始められるソーシャルレンディング業者。

利回り年6%〜10%で毎月分配されます。取引手数料も0円で始めやすい業者!

3位 maneo

maneoはソーシャルレンディング最大手!成立ローン総額600億円を突破!

GMOクリック証券とも提携しています。5万円程度から投資できるファンドが多数あるのも魅力。

-入門

Copyright© ソーシャルレンディング比較.net , 2017 AllRights Reserved.