入門

ソーシャルレンディングの始め方!まずは口座開設をしよう【初心者必見】

更新日:

ソーシャルレンディングの始め方

最近話題の投資手法であるソーシャルレンディング。始めてみたいけどどうすればいいかわからない、という方は多いのではないでしょうか。
そこでソーシャルレンディング初心者の方のために、流れと注意点についてまとめてみました!

投資を始めるまでの流れ

申し込み~投資開始までの流れは、ほとんどの業者で同じです。
以下の順番で手続きを行います。

流れ

①開設申請
ソーシャルレンディング業者公式サイトから必要情報を入力し、開設申し込みを行います。5分もあれば入力完了できます。
個人情報の取り扱い書類などに同意し、お客様情報・勤務先・銀行口座などの情報の入力が必要となります。

②本人確認
免許証等を使って本人情報の確認を行います。

③承認キーを入力
登録した住所に本人確認のハガキが届きますので、受け取って記載されている本人確認キーを入力します。

④資金入金
投資したい金額を口座に入金します。

⑤投資実行
ファンドを選び、投資を実行します。

申し込みの際の注意点

20歳以下の方は口座開設ができない点は注意が必要です。
また、最大手のmaneoでは口座開設完了まで最低3営業日となっていますが、中には数週間はかかる業者もあることは認識しておきましょう!

審査は通りやすい?

ソーシャルレンディングの貸し手の審査は、比較的通りやすいと言われています。
業者は借り手の審査は慎重に行います。
貸したお金をしっかり返済できる能力があるかを見極めるためです。
そのため、担保を確保する場合が多く、不動産などの価値の下がりにくい担保を持っているかどうかは特に厳しく見られます。
お金が返ってこないと、当然貸し手への返済・配当も行うことができなくなり、業者としても信頼を大きく失墜させることとなるためですね。

それに対して、貸し手からは先に口座に入金してもらう形となるため、業者が損をするということはありませんし、問題は起こりません。
ですので、年齢など最低限の条件をクリアしてしまえばあまり細かくみられることはないと思われます!

業者は様々。自分に合ったソーシャルレンディング口座を選ぼう

ソーシャルレンディングはまだまだ日本では新しいジャンルですが、それでも大手の業者が数社はいます。
そして、それぞれに特徴がありますので、自分の求める条件で比較して業者選びをする必要があります。

人気で選ぶならシェアNo.1のmaneo、安全性であれば全プロジェクト不動産担保を確保するラッキーバンクなどがおすすめです。
様々な条件で比較して、自分に合った業者を選びましょう!

人気のソーシャルレンディング業者ランキング

1位 OwnersBook

OwnersBook

オーナーズブックでは利回り5%~の案件が中心になっています。

不動産特化のクラウドファンディングで、元本毀損実績は0件!

2位 ラッキーバンク

ラッキーバンク

全案件不動産担保を確保!ラッキーバンクは少額1万円から始められるソーシャルレンディング業者。

利回り年6%〜10%で毎月分配されます。取引手数料も0円で始めやすい業者!

3位 maneo

maneoはソーシャルレンディング最大手!成立ローン総額600億円を突破!

GMOクリック証券とも提携しています。5万円程度から投資できるファンドが多数あるのも魅力。

-入門

Copyright© ソーシャルレンディング比較.net , 2017 AllRights Reserved.