業者詳細

SBIソーシャルレンディングの評判や特徴、安全性は?

更新日:

SBIソーシャルレンディング 人気の理由とは

sbisl-top

 

参考利回り  2~6%
最低投資金額  1万円~
募集金額  数千万円~数億円
運用手数料  2.20%
運用期間 約14ヶ月

安全性を最重視するならSBIソーシャルレンディング

一番の魅力は、なんといってもSBIグループが運営していることです。証券・銀行などを傘下に有するSBIホールディングスの子会社であり、信頼性は非常に高いと言えるでしょう!

投資家登録申し込み者数も2016年11月現在12,000人を超えており、とても人気の高いソーシャルレンディング業者です。ローン成立実績も100億円を超えており、ソーシャルレンディング業者の中でもTOP3に入るほどの実績があります。

3種類のローンファンド

SBIソーシャルレンディングでは3種類のローンファンドがあります。

①SBISL証券担保ローンファンド

SBI証券に株式をお預けの借り手に、株式を担保に行なうローン事業に投資する金融商品です。

証券会社のグループであるSBISLならではの商品ですね!

②SBISL不動産担保ローン事業者ファンド

不動産担保ローン事業を行っている事業者への融資事業に投資する金融商品です。
最低投資額は最低1万円以上となっており、始めやすいローンファンドです。
担保不動産の評価額の70%を上限とし、貸付を行いますので、安全性も高いといえます。

③SBISLオーダーメード型のローンファンド

明確な資金使途を持つ方を対象としたローン事業に投資する商品です。
投資を行う前に、貸付先について利回り、担保などの情報をホームページ上で確認することができます。

SBIソーシャルレンディングのメリット

メリットとして、安全性を最大限担保する仕組みになっていることが挙げられます。

SBIでは取り扱っているファンドにおける出資元本毀損額0円を目標にしており、一定の掛け目を設定した株式や不動産を担保としています。株式担保の場合、株式時価総額の最大60%まで、不動産の場合70%を上限とした貸し付けを実施しています。

それ以外にも審査でしっかりした条件を定めているため、安全性を高めようとしているのがわかります。

SBIソーシャルレンディングの評判は?

インターネット上での評判としては、良い意見としては「なんだかんだで大手グループなので、何かあっても親会社がいるから安心」「出金手数料が無料でおとく」という内容が多い状況です。

その反面、金利は他社と比べあまり高くないという点が悪い評判ですが、安全性とのバランスを考えると仕方ないところかと思います。

ソーシャルレンディング投資はしたいけど、安心できる会社を選びたいのであれば、SBIソーシャルレンディングはおすすめの業者です!

 

人気のソーシャルレンディング業者ランキング

1位 OwnersBook

OwnersBook

オーナーズブックでは利回り5%~の案件が中心になっています。

不動産特化のクラウドファンディングで、元本毀損実績は0件!

2位 ラッキーバンク

ラッキーバンク

全案件不動産担保を確保!ラッキーバンクは少額1万円から始められるソーシャルレンディング業者。

利回り年6%〜10%で毎月分配されます。取引手数料も0円で始めやすい業者!

3位 maneo

maneoはソーシャルレンディング最大手!成立ローン総額600億円を突破!

GMOクリック証券とも提携しています。5万円程度から投資できるファンドが多数あるのも魅力。

-業者詳細

Copyright© ソーシャルレンディング比較.net , 2017 AllRights Reserved.